2016年10月25日火曜日

芋ほり

芋ほりに行ってきました。
1020日、夏の名残を感じる暑い日でした。

野庭の広い畑、農家の皆川さんの畑でたくさんのサツマイモを掘らせてもらいました。
とにかくたくさんのお芋。
ちょうど天気のいい暑い日だったので、みんなキラキラ汗をかいて、次から次へと掘り続けていました。





 






ひまわりぐみの子は、もう夢中でした。
たいようぐみの子たちにとっては自分たちで植えた芋でしたので、より一層、まじめに一生懸命掘るのでした。

ちょっぴりの芋では体験できないような経験、子どもたちは疲れたってへっちゃらで、
まだまだあるからどんどん掘るぞ!という夢中な様子がありました。




畑のなかで、一生懸命働くような経験(本当の労働とは遠いのですが、夢中になって働いた時の気分を味わえたようなひととき)があり、終わった後の疲れた表情の中に、キラリと光るものを見せていた子どもたちです。