2016年10月14日金曜日

運動会と造形活動


 運動会と造形活動


 運動会がありました。あいにくの雨でしたが、南台小学校の体育館をお借りして開催しました。外でやらせてあげたかったという大人の思いとは裏腹に、子どもたちははだしで床を蹴って走る感触や、ダンスで響く自分たちの掛け声が心地よく、そして例年以上に近くで見てもらえる保護者の方々の声援がとてもうれしいようでした。普段の練習以上の力を発揮していたように見えました。






 そんな運動会に先駆けて、造形活動を楽しみながら看板やプログラムを作りました。
園では、0歳のころから、五感で存分に感じながら感触や色を楽しみ、自分の体の動きによって生まれる造形活動を大切にしています。

今回は2歳児クラスれんげ組での造形活動の様子を、おたよりからお伝えします。


ー 絵の具を使って ー


    絵の具を使い、運動会の看板とプログラム作り。模造紙と画用紙に、それぞれ絵の具を付けたスーパーボールを転がし模様をつけました。

★模造紙では★
片足を立ち上げた長机の坂道に模造紙を張り、大きなビニールプールにセット。坂道にボールを転がしました!ボールを手に取ると、ボールに絵の具をつけるのも面白くてしばらくお皿の中で混ぜてみたり、手でぎゅっと握ってボールや手についた絵の具の感触を確かめたり…。転がす前には「こうやってやるの?」と確認する声もありました。転がしてみると、ボールの行方をよく見ていたり、色がついて「おー!」「わー!」と喜んだり、色がつくこともそうですが、ボールが転がっていくのが楽しくて、転がすとすぐに「もっかーい!」と取りに行ったり、「これ○○ちゃんのボール!」と決めてやったりと、何度も繰り返しやっていましたよ。
シートをたたむ、床を拭くなどお手伝いも張り切ってやってくれたれんげさん。すてきな作品ができました!




★画用紙では★
トレーの中に画用紙を入れ、好きな色を選び、トレーを動かしてボール転がし。ボールがきれいに転がっていくように手を動かすことや、勢いがついてボールが飛んで行ったり…と少し難しさもあった分、目で見ながら、両手を動かしたり、止めたり…とじっくりやってみる姿がありました。
何度も同じ色を付け直してやったり、2個(2色)を同時にやってみたりと、それぞれ思い思いに作り、「できた!」「おしまいにするー!」と、完成。完成後、しばらくお部屋に飾っていたのですが、「○○ちゃんのどれ?」「これは誰の?」「ボールでコロコロってやったよね~」などよく見てお話ししていました!
プログラムも楽しみにしていただければと思います。
日々のお絵かきなどでも、ぐりぐり描いてみたり、「これ線路」「電車だよ」などイメージを膨らませ楽しむれんげさん。今後もいろいろな素材や道具、また自然物などに触れながら造形活動も楽しんでいきたいなと思います。 (れんげぐみ担任)